SSMによる構造化知識マネジメント

設計開発における不具合防止に役立つ知識の構築と活用

田村 泰彦著
A5判184頁
定価 3132円(税込)
ISBN978-4-8171-9451-0
買物カゴへ

【主要内容】
 SSM(Stress Strength Model:ストレス‐ストレングス モデル)に関する、初の専門書です。SSMや知識構造化の意義だけでなく、具体的知識の作り方、活用の仕方、細かい注意点まで解説しています。製品やプロセスの設計開発における未然防止・再発防止活動のための予測に基づく適切な活動に「使える知識」の構築と活用のための手段がSSMです。
【主要目次】
第1章 不具合に関する構造化知識マネジメント
第2章 不具合に関する知識構築の概要
第3章 SSM 不具合の因果連鎖の知識構造
第4章 SSMによる具体的な知識構築方法
第5章 再発防止・未然防止への知識活用方法