書籍詳細

目からウロコの多変量解析
データ分析の極意に迫る7つの処方箋

  • 廣野 元久 著
  • A5/216頁
  • 定価 2,700円(税別)
  • ISBN978-4-8171-9684-2
  • 在庫あり

【主要内容】

 多変量解析は単なる古典ではありません。現象の説明や因果の探索に威力を発揮する多変量解析は、予測に威力を発揮するAI(機械学習など)と車の両輪です。コンピュータのパワーに恵まれ、ソフトウェアが充実した今日こそ、原因究明やデータの構造分析のために多変量解析を学ぶ意義がますます高まってきました。

 そこで本書は、事例を通じた多変量解析の落とし穴とその処方箋を、数理に深入りせず誰でも気楽に読み進められる物語に落とし込みました。全6話からなる分析ストーリーでは多変量解析を知っている人にも楽しめる目からウロコの情報を織り込んでいます。

かつてない着眼点から観た、まさに“目からウロコの多変量解析”!

 

【主要目次】

第1話 名脇役の分散分析

第2話 重回帰分析—アイドルはつらいよ

第3話 ロジスティック回帰—七変化

第4話 読者の知らない生存時間分析の世界

第5話 主成分分析と対応分析—蛹の姉妹

第6話 後だしでも人気者の決定分析

付録 重回帰のパラメータ推定方法

   固有値・固有ベクトルの求め方

   2元表の特異値分解